文字サイズ

公共下水

【公共下水とは】


【公共下水の動向】

 日本では、昔からし尿を農作物の肥料として使っていました。しかし、明治時代に入って人々が東京などの都市に集まるようになると、大雨によって家が水に浸かったり、流れないでたまったままの汚水が原因でコレラなどの伝染病が流行しました。
 そこで明治17年(1884年)に東京の近代下水道、神田下水がつくられました。その後、日本で最初の下水処理場として大正11年(1922年)に三河島処理場ができました。下水道が本格的につくられるようになったのは、第二次世界大戦後、産業が発達し、人々がいっそう都市に集中するようになってからのことです。
 昭和30年代になると、工場などからの排水等により、川や海の汚れが目立つようになり、公害が発生するようになりました。そのために、下水道は、街の中をきれいにするためだけではなく、川や海の汚れを防ぐという大事な役割を持つようになりました。



【関係法令等】



【関連WEBサイト】

  • 技術情報 環境関連の技術情報を分かりやすく解説。
  • MURATA’S Quarterly 社内四季報。
  • 社員ブログ 会社のイベントやこぼれ話、社員のプライベートなどをご紹介。