文字サイズ

N2O(一酸化二窒素)濃度測定


【N2Oガス濃度の調査】

お客様が所有する設備や生産工程から発生するN2O濃度を調査いたします。温室効果ガスであるN2Oを削減するため、現状把握及び改善効果把握の面から貢献いたします。
N2O測定に関わる様々なご相談を承ります。


【温室効果ガスの削減】

N2O(一酸化二窒素)は温室効果ガスです。大気中での寿命は121年と長く、CO2の265倍の温室効果があると試算されています。窒素肥料の使用や家畜からの堆肥製造、発電所等での化石燃料の使用、水処理プラントでの処理工程等の人間活動が由来として、N2Oは増加し続けていることが知られています。
2015年9月に国連サミットで採択されたSDGsには、2016年から2030年までの15年で達成すべき17のゴールの内の一つとして目標13「気候変動に具体的な対策を」が設定されています。SDGsに則り、世界的に温室効果ガスの削減が求められています。


【サービスの特色】

  1. 計測機器は、トレーサビリティーを確保した精度管理を行う事により高い信頼性のあるデータをご提供いたします。
  2. 迅速に計量証明書の発行をいたします。
  3. 豊富な調査経験に基づいた知見より、現場のサンプル性状や調査環境に柔軟に対応します。


【計測機器の紹介】

JIS規定の分析方法を採用したN2O計を採用しています。
以下に使用する計測機器の一例を紹介します。

Thermo Fisher Scientific社製 N2O計 model 46i (非分散形赤外線吸収法:NDIR)

日本サーモ製N2O計 model 46i

測定レンジ 0-0.2~0-50(ppm)
最小検出感度 0.02(ppm)
応答時間 60秒(30秒平均時間において)
試料採取流量 1(L/分)
寸法(w×H×D) 426×219×584(㎜)
重量 22.5(kg)
電源 AC100(v)(50/60Hz)
消費電力 275(w)


【調査事例の紹介】

お客様所有の設備より発生する気相中のN2Oガス濃度を連続測定しました。

調査事例の紹介

※紹介事例のほかにも、N2O測定に関わる様々なご相談を承ります。



【関連WEBサイト】



【問い合わせ】

お問い合わせフォーム
  • 技術情報 環境関連の技術情報を分かりやすく解説。
  • MURATA’S Quarterly 社内四季報。
  • 社員ブログ 会社のイベントやこぼれ話、社員のプライベートなどをご紹介。
  • マイナビ2025