文字サイズ

工場排水

【工場排水とは】

  • 工場排水とは、工場用水が製造や洗浄等に使用されて汚水となり、 工場内で浄化処理された後、工場から下水道や公共用水域に排出されるものをいいます。
  • 工場排水を排出する事業場等は、水質汚濁防止法・湖沼水質保全特別措置法・下水道法により定められた水質基準を遵守する義務があります。また、水質汚濁防止法について都道府県はさらに厳しい許容限度すなわち上乗せ基準を定めることができます。
  • 調査項目としては、下記に示すものがあります。

【工場排水の動向】

 第二次世界大戦後の産業復興期から昭和30年頃にかけての水俣病をはじめとする公害問題を背景に、国では水質2法「公共用水域の水質の保全に関する法律」及び「工場排水等の規制に関する法律」が制定されました。その後、1970年のいわゆる「公害国会」では水質2法の反省をふまえた「水質汚濁防止法」が制定され、公害問題に対する法制度の強化がなされました。

詳しくは↓


【関係法令等】


【関連WEBサイト】

  • 技術情報 環境関連の技術情報を分かりやすく解説。
  • MURATA’S Quarterly 社内四季報。
  • 社員ブログ 会社のイベントやこぼれ話、社員のプライベートなどをご紹介。