文字サイズ

技術情報「大気中浮遊粒子状物質の成分分析における精度向上を目的とした新型サンプラの開発」

平成22年度 日環協・環境セミナー全国大会にて、「大気中浮遊粒子状物質の成分分析における精度向上を目的とした新型サンプラの開発」について発表いたしました。

平成22年度 日環協・環境セミナー全国大会 in Nagoya(2010年10月22日)
<技術発表>
題  目:

「大気中浮遊粒子状物質の成分分析における精度向上を目的とした新型サンプラの開発」
概  要:
浮遊粒子状物質の実態把握には、成分組成の把握が重要となる。しかし、従来用いられている試料採取装置で得られる試料は、成分分析に適さないという問題点があった。そこで、それらの問題点を解消するため、新型サンプラを開発し、浮遊粒子状物質の成分分析に適する試料が得られることを確認した。
≫詳しくはこちら

【本サイト内関連ページ】

● PM2.5に係る測定方法、測定機器等のご案内

● PM2.5に係る弊社製サンプラのご案内

● PM2.5に係る測定・分析・解析サービスのご案内

  • 技術情報 環境関連の技術情報を分かりやすく解説。
  • MURATA’S Quarterly 社内四季報。
  • 社員ブログ 会社のイベントやこぼれ話、社員のプライベートなどをご紹介。
  • マイナビ2022