文字サイズ

技術情報「微小粒子状物質成分分析用エアサンプラ試料を用いた蛍光X線分析法による多元素分析」

第51回大気環境学会年会にて、「微小粒子状物質成分分析用エアサンプラ試料を用いた蛍光X線分析法による多元素分析」について発表いたしました。また、環境機器展にて、弊社開発の「大気中浮遊粒子状物質成分分析用サンプラ(MCAS-SJ)」を展示し、多くの方にご来場いただきました。

第51回大気環境学会年会 一般講演発表(2010年9月8日)
<一般講演発表>
題  目:

「微小粒子状物質成分分析用エアサンプラ試料を用いた蛍光X線分析法による多元素分析」
概  要:
現在、大気試料の一般的な金属分析法であるICP-MS法は、湿式分析の特性上、前処理に時間がかかる上、コンタミネーションの懸念がある。そこで、前処理不要でコンタミネーションの少ない乾式測定法である蛍光X 線分析法を用いることを検討した。
≫詳しくはこちら

<環境機器展>
展示機器:大気中浮遊粒子状物質成分分析用サンプラ(MCAS-SJ)

MCAS-SJ 展示 MCAS-SJ 技術セミナー

【本サイト内関連ページ】

● PM2.5に係る測定方法、測定機器等のご案内

● PM2.5に係る弊社製サンプラのご案内

● PM2.5に係る測定・分析・解析サービスのご案内

  • 技術情報 環境関連の技術情報を分かりやすく解説。
  • MURATA’S Quarterly 社内四季報。
  • 社員ブログ 会社のイベントやこぼれ話、社員のプライベートなどをご紹介。
  • マイナビ2022
  • エコリク2021