文字サイズ

技術情報「大気中浮遊粒子状物質成分分析用サンプラ(MCAS-SJ)の開発」

第50回大気環境学会年会にて、弊社開発の「浮遊粒子状物質成分分析用サンプラ(MCAS-SJ)」について発表いたしました。

■第50回大気環境学会年会(2009年9月17日)
<一般研究発表>
題 目:
大気中浮遊粒子状物質成分分析用サンプラの開発
発表者:
小山慎一
概 要:
SPMとPM2.5を同一試料として捕集でき、フィルタ上に面的に一様に分 粒捕集する機能を有する成分分析用試料採取サンプラを開発しました。その分粒性能、試料の一様性、PM2.5標準サンプラとの等価性に関する検証結果を報告しました。
≫詳しくはこちら
 
<環境機器展>
展示機器:大気中浮遊粒子状物質成分分析用サンプラ(MCAS-SJ)
 

 【本サイト内関連ページ】
 ● PM2.5に係る弊社製サンプラのご案内
 ・大気中浮遊粒子状物質成分分析用サンプラ(MCAS-SJ)
 ・大気中微小粒子状物質サンプラ(MCAS-03)
 
 ● PM2.5に係る測定方法、測定機器等のご案内
 ・PM2.5(微小粒子状物質)
 
 ● PM2.5に係る測定・分析・解析サービスのご案内
 ・PM2.5(微小粒子状物質)の調査(測定・分析・解析)

  • 技術情報 環境関連の技術情報を分かりやすく解説。
  • MURATA’S Quarterly 社内四季報。
  • 社員ブログ 会社のイベントやこぼれ話、社員のプライベートなどをご紹介。
  • マイナビ2022
  • エコリク2021