文字サイズ

ISO/IEC 17025「試験所認定」取得

弊社は、「より正確な測定値の提供」、「あらゆる要求に応え得るための研究と開発」を永遠の指針とし、環境のさまざまな要望に応じるため、技術の開発と品質の保証に対し、最大限の努力を払い事業活動に取り組んでいます。品質保証に関しては「国際化」や「より精度の高い品質保証」の流れに従い1999年9月ISO 9001(*1)の認証登録を行い、お客様からの信頼を得られるよう努力して参りました。

このたび、さらなる精度管理の向上と顧客サービスの充実のため、ISO/IEC 17025:2005(*2)のシステムを2010年1月に導入し、2010年12月にPerry Johnson Laboratory Accreditation,Inc.(PJLA)より試験所認定を受けました。

既に取得しているISO 9001は、事業所における品質マネジメントシステムに関する要求事項であり、試験結果の品質まで要求するものではありません。これに対し、ISO/IEC 17025は品質マネジメントシステムに加え、試験結果の品質まで要求するものであり、不確かさの推定、妥当性の確認手順などが要求事項とされています。従って、ISO/IEC 17025の認定を受けることは、品質マネジメントシステムへの適合が保障されるとともに技術的な能力も保証されます。また、相互認証協定に調印している国際的な認定機関から認定された試験所の試験結果は、世界中で受け入れられる仕組みになっています。

認定機関は国内の化学試験分野における認定機関3社(2010.12月現在)の中から、「顧客に視点をおいた審査」や、「技術的信頼性を重視した審査」を実施することが可能であり、日本、米国、メキシコ、イタリアで多くの試験施設を認定しているアメリカの認定機関であるPJLAを選定しました。

対象とした試験方法は、過去十数年間、微小粒子状物質(PM2.5)に関する業務に係わってきたこと、2009年9月に微小粒子状物質(PM2.5)に係る環境基準が定められたことから、「大気中の微小粒子状物質(PM2.5)質量濃度試験」としました。

今後は、より信頼性の高い秤量サービスの提供と、試験証明書の提供を行い、お客様の満足度向上に努めて参ります。

(*1)ISO 9001(品質マネジメントシステム)(JIS Q 9001)
(*2)ISO/IEC 17025:2005(試験所及び校正機関の能力に関する一般的要求事項)。(JIS Q 17025:2005)

 ISO 17025 認定証  ISO 17025 認定証

  • 技術情報 環境関連の技術情報を分かりやすく解説。
  • MURATA’S Quarterly 社内四季報。
  • 社員ブログ 会社のイベントやこぼれ話、社員のプライベートなどをご紹介。
  • マイナビ2021
  • エコリク2021