文字サイズ

技術情報「ザルツマン係数について」

吸光光度法による二酸化窒素の測定を行う場合、「ザルツマン試薬」という吸収液を使用いたします。
二酸化窒素が吸収液に吸収されてすべて 亜硝酸イオンに変化するわけではありません。測定空気中の二酸化窒素に対する亜硝酸イオンの生成割合を「ザルツマン係数」と呼んでおり、日本では 0.84 としています。
さて、0.84とはどのようにして求められた数字なのでしょうか?
今回はザルツマン係数について考えてみたいと思います。

  • 技術情報 環境関連の技術情報を分かりやすく解説。
  • MURATA’S Quarterly 社内四季報。
  • 社員ブログ 会社のイベントやこぼれ話、社員のプライベートなどをご紹介。
  • マイナビ2022
  • エコリク2021